黒い紙や写真にもかわいく書けるおすすめペン6選!. .




こんにちは、普段黒い紙に文字を書くことなんてほとんどない黛です。

 

今回なんですけども、

 

タイトルの通り黒い紙に書けるペンを紹介していきたいと思います。

 

 

普段は白い紙に黒い文字を書くことがほとんどという人が多いと思います。

黒地に白色や黄色、水色などの文字を見ると新鮮な印象を受けるのではないでしょうか。

 

黒の紙に書いた文字の身近な例としては、

学生時代なら黒板、街中ではブラックボードに書かれた飲食店のメニュー看板などが思い浮かびます。

  

また、黒地や写真に書ける筆記具ですと、絵の具やクレヨン、

色鉛筆、マーカーなどでしょうか。

  

ですが、もっと身近な筆記具であるボールペンにも黒地や写真に書けるものがあるので、今回はそれを紹介していきます。

クリスマスカードや年賀状などの色のついた用紙にも書けますよ。

①ロングセラー商品ポスカ

出典画像:https://www.mpuni.co.jp/news/pressrelease/detail/20160205205452.html

三菱鉛筆さんから発売されている30年以上ロングセラー製品「ポスカ」です。

ポスカのペン先種類は色々あるのですが、今回は2016年2月24日に発売された「ポスカ 極細 ナチュラルカラー」を買ってみました。

ナチュラルカラーには、「スカイブルー」、「パステルグリーン」、「パステルイエロー」、「パステルオレンジ」、「コーラルピンク」、「ライトピンク」、「パステルパープル」の7色あります。

価格200円+税
ボール径極細
パステル色7色
 キャップ式

特長

①重ね書きができる

②プラスチックやガラスなどへ筆記が可能

③耐水性に優れている

ペン先

ペン先が少し筆っぽくなっているので、書くときの力の加減で文字に細かい表現ができるようになっています。

使ってみた

「しろ」「ライトピンク」「スカイブルー」「パステルイエロー」をGET!さっそく書いてみましょう。

【1】キャップをしたまま振り、カチカチと音がしてから20回程度上下に振り、中のインキを充分に混ぜます。

【2】キャップをはずしたら、不要な紙にペン先を押し当て、ポンと押します。「しろ」と「ライトピンク」は一気にインクがでてきました。ドバっと出るので気をつけてください。

さすがロングセラー商品、発色すごく良いです。筆っぽくなっているので、細かい表現ができそう。

ペン先は固めなので、すぐに潰れたりしなさそうですね。

重ね書き余裕ですね、乾きも速かったですよ。

ペットボトルにもラクラク書けます。

②六角形ボディが持ちやすいペン

出典画像:http://www.pilot.co.jp/press_release/2016/08/09/post_23.html

2016年8月10日に発売されたパイロットコーポレーションさんの「ジュースペイント」です。

カラバリも豊富で、一般色12色、パステルカラー6色、メタリックカラー6色の計24色があります。

ペン先が4種類あり、2018年6月10日に「極細」と「太字」がラインナップに追加されました。

出典画像:http://www.pilot.co.jp/products/pen/color_pen/juice_paint/#middle
価格200円+税 太字250円+税
ボール径極細・細字・中字(丸芯) 太字(平芯)
パステル色6色
 キャップ式

特長

 ①持ちやすい「六角形ボディ」

②プラスチックやガラスなどへ筆記が可能

③耐水性に優れている

主な特長はポスカと同じですが、ボディの形がポスカと大きく異なるところだと思います。

こどもから大人まで安定して握りやすい六角形ボディ。

ペン先

太字(ペン先平芯)
中字
細字
極細

 使ってみた

パステルカラーの「ホワイト」「パステルピンク」「パステルブルー」「パステルイエロー」を買いました! 画像のは細字です。

インクの出し方はポスカと一緒。

【1】キャップをしたまま振り、カチカチと音がしてから20回程度上下に振り、中のインキを充分に混ぜます。

【2】キャップをはずしたら、不要な紙にペン先を押し当て、ポン、ポン、上下に100回くらい押します(けっこう押しました)。でもなぜかイエローはすぐ出てきました。

ガムテープの上から書いてみた。

もちろん重ね書き可能です。

上から「太字」「中字」「細字」「極細」

書き始め・終わりにインクが溜まるので、乾くまで待たないと擦れてしまします(左利きの人は要注意)。

六角形のボディは持ちやすく、ペン先が固いのでしっかり書けました。

③パステル色で0.4mm世界最細のペン

 出典画像:http://item.rakuten.co.jp/voice/ljp-20s4-p/

こちらも2016年8月10日に発売されたパイロットコーポレーションさんの「ジュースアップ」です。

パステル色はホワイト、オレンジ、グリーン、ブルー、バイオレット、ピンクの6色があります。

価格200円+税
ボール径0.4mm
パステル色6色
 ノック式

特長

①新インキを開発

極細のペン先でもスムーズにインクを出すことができ、なめらかな書き味が可能になったとのことです。

②世界最細のパステル&メタリックカラー

世界最細のパステル&メタリックカラー、ノック式で世界最細 0.4mm ※2016年8月パイロットコーポレーション調べ

③スタイリッシュなボディ

口金に金属を採用したために重心が低くなり、安定した筆記ができます。

グリップには握り心地の良い素材を採用したとのことで、インクのカラーが表現されています。

ONの状態 窓がインクの色に

ペン先

シナジーチップという「なめらかな書き味」と「書き出しが良いくペン先が強い」が特長の新開発されたペン先です。

使ってみた

「ホワイト」「パステルピンク」「パステルブルー」を購入しました。

 インクの濃さ出やすさは、「ジュース」より全然良いですね!

細かいイラストを描くのにすごくいいです。

④0.7mmで太くしっかりかけるペン

signo angelic colour
出典画像:http://www.mpuni.co.jp/news/pressrelease/detail/20130326151352.html

2007年6月18日に発売された三菱鉛筆さんのユニボールシグノシリーズ、「エンジェリックカラー」です。

ピンク、グリーン、イエロー、バイオレット、オレンジ、ホワイト、ブルー、レッドの8色があります。

価格120円+税
ボール径0.7mm
エンジェリック色8色
 キャップ式

特長

①隠蔽(いんぺい)性インク

下地の色を覆い隠す性質のインクで、紙など下地の色に影響されることがなく、はっきりとした濃い色の描線を書くことが可能なインクだそうです。

②アシッドフリーインク

写真や紙の劣化の原因となる酸を抑えており、大切なペーパーや写真を痛めにくいそうです。三菱鉛筆さん独自の基準です。

③ピグメントインク

耐水性・耐光性に優れた顔料インク、書いた文字や絵を長時間綺麗な状態で保存できるとのこと。

ペン先

ペン先は0.7mm

使ってみた

「ホワイト」、「ピンク」、「ブルー」を買ってみました!

実際に使ってみると、0.7mmというだけあって線は太めですし、書き始めはかすれることなくしっかり書けます。

黒い紙に書く、写真に書くという際には、これくらいしっかり書けた方が気持ちいいかもしれません。

エンジェリックカラーの「ピンク」と「レッド」を比べてみました。

上が「ピンク」で下が「レッド」です。

レッド、という感じは受けませんでしたねー、ほとんどピンクに近い色でした。リンゴのような赤色ではありません。

⑤1本100円の0.5mmペン

SARASA_Pastel Color
出典画像:http://www.zebra.co.jp/press/news/2015/0603.html

ゼブラさんの人気シリーズ「サラサ」にパステル調の「ミルクカラー」が2015年6月29日 に発売されてました。

ミルクレッド、ミルクグリーン、ミルクブルーグリーン、ミルクブルー、ミルクパープル、ミルクピンク、ミルクオレンジ、ミルクホワイト のふんわりした8色があります。

価格100円+税
ボール径0.5mm
ミルク色8色
 ノック式

特長

①ジェルインクの特性を活かした鮮やかな発色

「サラサクリップでかわいいパステル調の色を出してほしい」という多くの女子中高生の要望に応え発売されたようです。

従来のピンク・赤といった色にミルクをたっぷり混ぜ合わせたような明るい色で、ふんわりした女の子らしい表現が出来ます。

②さらさらした書き心地

ペン先

パステルカラーは0.5mm

使ってみた

「ミルクホワイト」、「ミルクピンク」、「ミルクブルー」でかき比べ!

安定した書き心地とインクの色でした。書いているときはインクが薄いかな?と思いましたが、インクが乾いたらちゃんと紙にインクが乗っていて問題はありませんでした。

値段は1本100円、安い! 100円でこのクオリティ。

⑥ぷっくり盛り上がるように書けるペン

出典画像:https://www.craypas.com/products/lineup/detail/763.php

サクラクレパスさんの人気シリーズ「デコレーゼ」。2014年にパステル色(10色)がラインナップに追加、カラバリ豊富です。

価格200円+税
ボール径
パステル色10色
 キャップ式

特長

①ぷっくり立体的に書ける

②プラスチック、ガラス、金属にも書ける

ペン先

出典画像:https://www.craypas.com/products/lineup/detail/763.php

なんと言っても最大の特長は、ぷっくり盛り上がるように書けること。ペン先を押し当てるだけでインクがたっぷり出るからできるんですね。

使ってみた

「パステルホワイト」、「パステルピンク」、「パステルアクア」を購入。

新品のペン先はカバーがしてありますので、

爪でひっかいてカバーをしっかり外してから使いましょう。

こんもりしてるんですよ。インクの出がいいので普通に書いても太字感覚で書けます。

紙以外にデコレーゼしたイメージ載せておきます。

引用元:https://www.craypas.com/products/lineup/detail/763.php

●使い比べてみた

ボールペンタイプ

個人的に思ったそれぞれの強みも書いてみました。

白い紙にも書いてみました。

「極細」比較

●黒いノート

黒いノートやふせん、メモがあります。

別記事にまとめてみましたので、ご興味のあるかたは下記からご覧くださいませ。

  

▼こんな記事もおすすめ

それではまた. .

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。