おすすめの左利き用万年筆「シュナイダーベース」をレビュー!. .




こんにちは、書く、食べるは左手。投げる、打つ、蹴るは右、でもラケットは左手で持つよくわからない左利きの黛(@penote__)です。

今回なんですけども、タイトルの通り、

おすすめの「左利き用の万年筆」を紹介したいと思います。

 

 

駅の改札、スープ用のレードル、ドアノブ、飲食店のカウンター席で隣と肘が当たる、などなど…

 

完全に右利き社会にとって、

 

左利き勢は、けっこう肩身が狭い思いをしています(たぶん)。

 

そして、

文房具選びでも同じ現象が。

 

特に万年筆です。

 

 

左利きが普通の万年筆を使うと、

 

 

字がかすれる。

 

紙に引っかかる。

 

 

という違和感があり、どうしても書きづらいのです。

 

 

そんな左利き特有の悩みを解決してくれた「左きき用万年筆」をTwitterで発見しました。

  

 

それがこちらです!

 

Schneider Base(シュナイダー ベース)

Schneider(シュナイダー)は、

1938年創業のドイツの老舗筆記メーカーです。

https://schneiderpen.com/en_uk/

 

このメーカーが発売している万年筆は、8つのブランドを展開されているようでして、

今回はその中の一つ、「Base」という万年筆に左利き用が展開されています。

  

「Base」のラインナップ

①Base Uni(ベース ユニ)

シュナイダーの万年筆、Base Uni(ベースユニ)は3色展開

  

出典画像:
出典画像:https://schneiderpen.com/en_uk/fountain-pens/
  • ブラック
  • アークティックブルー
  • ホワイト

 

Base Uni(ベースユニ)は定番カラーの3色があります。

  

②Base(ベース)

シュナイダーの万年筆、Base(ベース)も3色展開

出典画像:https://schneiderpen.com/en_uk/fountain-pens/
  • トープ
  • ローズ
  • ミントグリーン

 

この3色、どれもおしゃれな色や…震える…

Baseの左利き用は日本国内だと「左ききの道具店」さんだけ扱っています

2019年4月時点、

日本国内で万年筆ベースの左利き用で「トープ」「ローズ」「ミントグリーン」この3色を扱っているのは左ききの道具店さんだけ!

  

Amazonには右利き用ならありましたが、左利き用の「トープ」「ローズ」「ミントグリーン」はありませんでした。

 

Twitterで発見し、左利き用ということと、色が素敵だったので早速購入しました。

  

Base「トープ」を購入

トープとはフランス語でモグラという意味。

モグラ?モグラの色って?

  

日本国内の文具ではなかなか見つからない珍しい色らしく、なにそれ欲しいと即決。

注文してから中1日で到着しました。早い!名刺と書類が同梱されてまして、コメントが手書きなところがあたたかみがあって嬉しいです。

  

  

「万年筆はじめてガイド」が入っていました。親切!

  

▲「トープ」、薄いグレーといった感じの落ち着いたとてもいい色です!

さっそく、インクをセットしたい。胴体をネジネジして外します。

インクカートリッジが入っています。透明の部分は緩衝材とのことで、こちらは破棄してOK。

  

▲カートリッジの先が細い方を奥までグッと差し込む。

デフォルトでブルーのインクカートリッジが1本付属してます。

注文の際にブラックに交換も可能みたいです。)

ペン先にインクが届くまでしばらく待ちます。

Base Uni(ベース ユニ)ホワイトとブラック

白と黒が好きな黛はベースユニのホワイトとブラックも購入!

  

黒も白もいい!

  

グリップ部分が黒いので全体ブラックとワンポイント的にシュナイダーの白文字がステキ!

  

シンプルなデザインに白一色。白い文房具好きな私としては大興奮。

  

Base使ってみた

Base

おお!引っかかりがなくスラスラ書ける!嬉しい!

太さは0.6mmくらい。押し出すように書く左利きでも、かすれることなく気持ちよく万年筆が使えました

  

Base Uni

「Base uni」はブラックのインク。ブラックもいいですね~!

  

普通(右利き)の万年筆と比較

以前購入した、ラミー サファリ万年筆。こちらもドイツのブランドです。


やっぱり普通の万年筆を左手で書くとかすれやすいです。 慣れればかすれることなく書けるように角度を調節できますが、 どうしても紙に引っかかる感触は払拭できませんでした。

  

左利き用万年筆の特長

左利き用に設計された万年筆の構造は日本左利き協会さんのページで詳しく紹介されています。

そのページによると、

左利き仕様は、中心から少し時計回りに回転させ固定したニブ(ペン先)が

左手での筆記時にインクがスムーズに流れるようになっているとのこと。

左がシュナイダーのベース左利き用。

確かに、若干時計回りにペン先が回っているのがわかります。

  

素材は耐久性に優れたイリジウムというプラチナ系の金属を使用。

押し書きする左利きの私は筆圧が強くなりがちですが、ペン先が金属なので耐久性があります(´ω)/

  

シュナイダーベース│まとめ

今回使ってみて、「かすれ」や「引っかかり」がなく書けました。

 

もちろん、普通の万年筆でも角度を調節すれば左手で書けますが、

書く時に角度を気にしていると次第にストレスが溜まってきてしまいます。

 

また、左利き用の万年筆は探せば他にもあったのですが、

カラーの選択肢が少ないんですよね…しかも中々のお値段。。

  

このシュナイダーのベースシリーズは2,000円で買えました。

リーズナブルなのにデザインもおしゃれでカラーバリエーションもあって、

どの色にしようか悩むことができることが嬉しい。おすすめです。

 

Schneider「Base Uni」「Base」左手用はこちらから購入できます

左ききの道具店

https://hidari-kiki.shop/items/5cad82d42c1c517ded2aea6b

 

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。それではまた。

  

>>>万年筆の人気色「ブルーブラックインク」のボールペン7種類を比較

  

>>>安くて人気なボールペンを26種類使って比較してみた

  

>>>万年筆との相性ピッタリなノートもあります

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。