シンプルでかわいいボディでカラバリ豊富なボールペン!. .

シンプルなボディのノック式ボールペンを3つレビューしてみました。

①クリックゴールド

出典画像:http://www.bic-japan.co.jp/products/stationery/ballpen_oil_based_knock/

フランスの筆記具メーカー、BIC(ビック)さんの「クリックゴールド」という製品です。

どの色を選ぶか迷ってしまうほど色鮮やかなカラーバリエーションがあります。ボディもレトロな感じがしていいですね。

  

全18色(ホワイト、ブラック、バーガンディ、レッド、イエロー、ティールグリーン、ブルー、ロイヤルブルー、ダークグリーン、パープル、チェリーピンク、ベビーピンク、ラベンダー、アップルグリーン、アイスブルー、蛍光ピンク、蛍光オレンジ、パンプキン)があります。

  

ということで全色購入してみました。

150円という安価ながら、ビジネスシーンなどでスーツに合わせても遜色ない高級感を演出してくれるゴールドのクリップとペン先です。

ペン先もゴールド

ボディが8グラムと軽く(500円玉くらいの重さ)、長時間使用しても疲れません。インク色は黒で0.7mmです。

お好みの色に

このシリーズ、別の楽しみ方があります。


カラバリの多さを活かして、ポールペンの上下のパーツを異なる色に変えると、自分ならではの色の組み合わせで楽しめます。

みなさんはどの色の組み合わせがお好みですか。ぜひ試して遊んでみてはいかがでしょうか。

②アクロ300

出典画像:http://www.pilot.co.jp/press_release/2018/01/23/1000300.html

パイロットコーポレーションさんから2018年2月5日に発売された、「アクロ300」という製品です。

このシリーズは全8色(クリアブラック、クリアレッド、クリアブルー、ホワイト、ソフトピンク、ソフトブルー、ラベンダー、ブルー)があります。

  

パステルカラーは「ホワイト、ソフトピンク、ソフトブルー、ラベンダー、ブルー」の全5色です。


今回はパステルカラー5色を買ってみました。

クリップ、つなぎ目、ペン先はシルバーで統一されていて落ち着いた雰囲気があります。

ペンの重さは10.9グラム(単4電池1本くらい)で、グリップ部分が金属軸になっています。

ノートPCの磁石部分にくっついた状態

ラバーのグリップが付いていないので、少し膨らませた持ち手、重さの比重を持ち手に置き、どうすれば持ちやすいか試行錯誤されてる感じがして好きです。

洗練されたボディで素敵です。


わずかに膨らんだ持ち手の部分(奥がアクロ300)

アクロ300、ノック音が独特だということに気づきました。

「カチッ」という音が他のノック式ボールペンと比べて高い音なんです。

ノック式ボールペンきき音クイズとかあったら絶対分かるレベル。

インク色は黒で0.5mm、「アクロインキ」というなめらかで濃い筆跡を実現したインクだそうです。クリックゴールドと比較してみました。


比較するとくっきり書けているのが分かります。

芯(リフィル)は、アクロボール150のものと同じなので、

リフィルを入れ替えれば、インク色を赤や青にしたり、0.7mmや1.0mmに変えることができます。

替芯の品番は0.5mmが[BRFV-10EF]、0.7mmが[BRFV-10F]です。

ノック式のボールペンの中では価格300円は比較的高めですが、

おしゃれに持てるデザインとなめらかな書き味なら300円でも十分安く感じました。

③スラリ300(ピンク&ブルー)

出典画像:https://item.rakuten.co.jp/takeken/bas38/

2018年12月14日にゼブラさんから発売された数量限定商品だそうです。

ピンクが「0.5mm」で5色、ブルーが「0.7mm」で5色の全10色あります。

ボディとグリップの色が統一されているのがステキだったパステルカラー、こちらの4色を買ってみました。価格は1本300円です。

シルバーの部分が金属で出来ていて、重さは16.6グラム(500円玉2個くらい)なので高級感とクールなイメージが演出されています。

細身なボディなのでスタイルが良いです。

インク色は黒で0.5mmと0.7mmがり、「エマルジョン」という油性のしっかりした手ごたえと、ジェル(水性)のさらさらした軽さを兼ね備えたインクだそうです。

こちらも芯(リフィル)を入れ替えれば、インク色を赤や青にしたり、0.7mmや1.0mmに変えることができます。

替芯の品番は0.5mmは[EQ-0.5芯 ]、0.7mmは[EQ-0.7芯 ]です。

ボディ比較

ホワイトとパステル色(ピンク、ブルー)をそれぞれ比較してみました。

お分かり頂けるでしょうか、微妙にですが3商品とも色が異なります。

「クリックゴールド」は発色が良い色、「アクロ300」はミルクを混ぜたようなマイルドなパステル色、「スラリ300」は落ち着いたカラーとなっています。

書き味は人それぞれ好みが分かれるところですが、個人的には

①アクロ300、②スラリ300、③クリックゴールドの順番で書きやすかったです。

アクロもスラリも滑らかに書けますが、アクロのインクの濃さ、白い紙にくっきりと存在感を残す色だったのが気に入りました。

価格も高くないので普段使っているボールペンを少しおしゃれに、

また、ギフト用にも使えそうなアイテムですね。

それではまた..

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。