白いインクのボールペン5種類を比較、耐水性も検証してみた!. .




今回は、白いインクのボールペンを5種類を比較してみました。

ボール径が1.0mm、0.7mm、0.5mm、0.4mmとありますので、

どんな感じで書けるのか比べてみたいと思います。

白いインクのボールペン5種

今回の5種類は上から、

  • ユニボールジグノ 太字1.0mm
  • ユニボールジグノ エンジェリックカラー0.7mm
  • サラサクリップ ミルクカラー 0.5mm
  • ジュース 0.5mm
  • ジュースアップ 0.5mm

 

それぞれボール径が違います。

まずは、各ペンの特長をみてみましょう。

ユニボールジグノ 太字1.0mm

三菱鉛筆さんのジグノのインクは、なめらかに書けて耐水性、耐光性に優れています。つまり、水に濡れてもにじまず、色あせしにくいという特質を持っています。

ユニボールジグノ エンジェリックカラー 0.7mm

こちらも三菱鉛筆さんの製品で、上記同様に水に濡れてもにじまず、色あせしにくいという特質を持っています。

サラサクリップ ミルクカラー

ゼブラさんのサラサクリップ、ミルクカラーです。さらさらとしたなめらかな書き味です。耐水性に優れた水性顔料なので、濃くてにじまず、鮮やかな発色が楽しめます。

ジュース 0.5mm

パイロットコーポレーションさんのジュースです。保湿成分がインクに入っているの書き出しなめらか、耐水性もあるので水ににじみにくいという特性があります。

ジュースアップ 0.4mm

パイロットコーポレーションさんのジュースアップです。シナジーチップという細くてもなめらかに書けるペン先です。しかも、ホワイトカラーで0.4mmは世界最細です。

書き味の比較

 

  • ユニボールジグノ太字…たっぷりインクが出てしっかり書ける
  • ユニボールジグノAC…0.7mmなのでちょっと太めに書きたいときにおすすめ
  • サラサクリップ…書き出しは若干引っかかる感じがする
  • ジュース…書き出しなめらかだが、色が薄い
  • ジュースアップ…書き出しなめらかで、色が濃い

 

耐水性を検証してみた

ユニボールジグノ、サラサクリップ、ジュースには、耐水性があり水ににじまないという特長があります。

ということで、水に浸けて検証してみました。

水に浸すこと約10分…

浸っている状態

▲ユニボールジグノ太字 インクが水に浮いていますが、紙に滲んではいないようです。

▲ユニボールジグノ エンジェリックカラー こちらも紙に滲んでいません。

▲サラサクリップ 滲みなしです。

▲ジュース 滲んでいません。

▲ジュースアップ こちらは耐水性を謳っていませんが、それでも紙への滲みは見られませんでした。

 

黒い紙に書いているので、もしかしたら滲みが目立たないのかもしれません。

乾かした

水から出して乾かしてみました。

▲ユニボールジグノ太字 全然大丈夫です、全く滲んでません。

▲ユニボールジグノ エンジェリックカラー ちょっと薄くなってしまっています。

▲サラサクリップ こちらは薄くなっておらず滲みもありません。

▲ジュース かなり文字が薄くなってしまっています。

▲ジュースアップ 「アップ」の文字が消えてしまうほど水に流されてしまっていますね。まぁこちらは耐水性ではありませんのでしょうがいないです。

 

どれもなめらかに書けました。白インクのボールペンには太さが0.4、0.5、0.7、1.0とありますので、用途によって使い分けできますね。

どの書き味がハマるかは人それぞれの感覚になってしましますので、ぜひお店で試し書きしてみてください。 個人的にはジュースアップの書き出し、インクの濃さが好きでした。 それではまた。

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。