カスタマイズペン4種類を比較レビュー!. .

こんにちは黛です。

本記事では、4種類のカスタマイズペンを使って比較しました。また、個人的におすすめランキングも作ってみましたのでお楽しみください。

カスタマイズペン

本記事では、好きな色のボディ、好きな色のリフィルを選んで自分専用のペンを作ることができるペンのことをカスタマイズペンとしました。

  

ハイテックCコレト

出典画像:パイロットコーポレーション

パイロットコーポレーションさんから発売している「ハイテックCコレト」です。”自由に選んで作るペン”

特長

  1. 2本~5本用のボディが選べる
  2. レフィル交換が簡単
  3. レフィルのスライドレバーもカスタマイズできる

ボディの種類と色

出典画像:パイロットコーポレーション

※表のリンクをクリックするとAmazonの商品ページに移動します。

【ボディ】価格軸色
2本用100円+税1色
3本用150円+税7色
4本用200円+税7色
5本用250円+税7色
コレト500500円+税5色
コレト10001,000円+税5色
好きな色を2本持ち運びたい。5本はちょっと多いなというあなたには4本のボディ。選択肢が広いのがハイテックCコレトのボディです。
出典画像:パイロットコーポレーション

「ハイテックCコレト 500」「ハイテックCコレト 1000」はメタルパーツを使用した高級感のあるボディが特長です。

ボディの色は全部で16色。

レフィル交換が簡単なボディ

ボディ頭部のフタを開ければ入れれる。上から入れ替えが簡単にできるのはハイテックCコレトだけ。

レフィルの種類と色

出典画像:パイロットコーポレーション
価格0.3mm0.4mm0.5mm
ゲルインキ(全15色)100円
シャープユニット180円
消しゴムユニット280円
タッチペンユニット150円

色鮮やかなゲルインキのレフィルは全15色、0.3mm~0.5mmあります。シャーペンも0.3mmと0.5mmの2種類展開。

面白いのは消しゴムやタッチペンのレフィルがあるところ。

好きなスライドレバーに交換

上からレフィルを入れるハイテックCコレトならではのレフィル。

スライドレバーもたくさん種類があって、自分の好みにカスタマイズすることができます。

ハイテックCコレトのボディやゲルインキ全15色を知りたい方は、下記のレビュー記事を読んでみてください。

スタイルフィット

出典画像:三菱鉛筆

三菱鉛筆さんから発売している「スタイルフィット」です。”「選べるリフィル」×「選べるホルダー」”

特長

  1. ボディの種類が豊富(7種、22色)
  2. 0.28mmの極細リフィルがある

ボディの種類と色

出典画像:三菱鉛筆

※表のリンクをクリックするとAmazonの商品ページに移動します。

品名種類価格軸色特長
マイスター 3色ホルダー回転式1,000円5色金属製だが軽い
ビジネスシーンにも合う
マイスター 5色ホルダーノック式500円5色つや消しの質感に大人の風格
消しゴム付き
3色ホルダークリップ付200円7色シンプルなボディ
4色ホルダークリップ付220円4色パステルカラー
5色ホルダークリップ付250円7色シンプルなボディ
3色ホルダー150円7色ノック部分が大きい
クリアカラーがある
単色ホルダー50円4色1本用
ボディの種類が7種と多いのが魅力。ワンランク上のマイスターシリーズ、クリップ付、クリップの無いシンプルなボディと色々選べます。

しかも、1本用、3本用、4本用、5本用と自分のスタイルに合ったボディを選べるのが嬉しい。

出典画像:三菱鉛筆

基本ボディカラーは22色。女子中高生に人気なスタイルフィット、ピンク系とブルー系が多いですね。

幅広いラインナップ

マイスター3色(回転式)のガンメタリック。大人向けのクールなボディもあります。

スタイルフィットのドット柄ボディはかわいい。白いドットがいい。

リフィルの種類と色

出典画像:三菱鉛筆
0.28
mm
0.38
mm
0.5
mm
0.7
mm
1.0
mm
ゲルインク
(全16色)
100円
油性インク
(黒・赤・青)
80円
シャープ180円

ゲルインキは「ユニボール シグノ」インクを採用しており、0.28mmの極細が用意されています。

おもしろいのが一つずつケースに入っているリフィル、おしゃれですよね。ペンケースに入れて持ち運ぶときにもペン先が守られていて便利です。

油性ボールは年間で1億本以上売る「ジェットストリーム」が採用されています。黒、青、赤の3色。なめらかな書き味がクセになります。

シャープには、「ユニ ナノダイヤ」芯が採用されています。0.5mmのみの展開です。

スタイルフィットのボディやレフィル全色を知りたい方は、下記のレビュー記事を読んでみてください。

アイプラス

出典画像:ぺんてる

ぺんてるさんから発売している「アイプラス」です。”自分らしさをプラスする”

特長

  1. 色あざやかなボディ
  2. イヤホンジャックアクセサリー

ボディの種類と色

出典画像:ぺんてる
軸色3本用5本用
アイプラス10色150円+税250円+税
アイプラス
クールコレクション
4色200円+税250円+税
アイプラス
シンプルコーデ
4色150円+税250円+税

3種類のボディがあってそれぞれ3本用、5本用があります。

アイプラス

アイプラス クールコレクション

アイプラス シンプルコーデ

出典画像:ぺんてる

ボディの色は全18色。

「アイプラス」は10色の展開。色あざやかでありながら、うるさすぎない色がとても魅力的だと思います。

▲エメラルドグリーン

▲アプリコットオレンジ

アイプラスのカラーは「PANTONE」から選ばれているとのこと。「PANTONE」とは、アメリカに本社がある色見本を提供する企業さんです。

▲メタリックイエローグリーン

「アイプラス クールコレクション」は4色展開。メタリックをベースに小さな白いドット柄が特長です。

▲モカ

「アイプラス シンプルコーデ」も4色展開。ホワイトカラーをベースに落ち着いた色がワンポイント的にあしらわれているのが特長です。

イヤホンジャックアクセサリー

出典画像:ぺんてる

「アイプラス」の最大の特徴がペントップの穴にスマートフォン用のイヤホンジャックアクセサリーが付けられるようになっています。

リフィルの種類と色

出典画像:ぺんてる
0.3mm0.4mm0.5mm
ゲルインキ
【スリッチーズ】(15色)
100円
ゲルインキ
【エナージェル】(黒・赤・青)
80円
油性インキ
【ビクーニャ】(黒・赤・青)
90円
シャーペン180円

ゲルインキは「スリッチーズ」と「エナージェル」の2種類から選べます。「スリッチーズ」は15色展開。

▲油性ボールペンは、なめらかインキの「ビクーニャ」。

▲シャーペンリフィルは、折れにくいシュタイン芯入り。

「シュタイン芯」は、なめらかな書き味に加え、強さのテクノロジーを組み入れた、折れにくい全く新しいシャープペンシル芯です。

サラサセレクト

出典画像:ゼブラ

ゼブラさんから発売している「サラサセレクト」です。”SARASAがカスタマイズペンになって新登場!”

特長

  1. サラサと同じインクが1本にカスタムできる
  2. 23色とインクのラインナップが豊富

ボディの色と種類

出典画像:ゼブラ
価格軸色
3色用150円+税8色
3色用(ソフトグリップ)200円+税3色
5色用250円+税8色
5色用(ソフトグリップ)300円+税3色

3色用と5色用の2種類でそれぞれ8色展開です。

出典画像:ゼブラ

▲画像は3色用ですが、5色用も同じラインナップです。

▲ホルダーにはインクの色や残量がわかりやすいクリア窓

▲先端にはインクの汚れが目立ちにくいグラスカット加工

サラサセレクト ソフトグリップ

出典画像:ゼブラ

やわらかいシリコン製のグリップ付もあります。こちらは3色用と5色用ともにライトブルー、ライトピンク、パープルの3色展開です。

指が痛くなりにくいグリップ付。

リフィルの種類と色

価格0.3mm0.4mm0.5mm0.7mm
サラサリフィル(23色)100円
シャープリフィル180円

シャープリフィルはちょっと太めの0.7mmがあります。

注意

サラサリフィルは0.5mmだけ23色。

0.3mmと0.4mmは18色。

【サラサリフィル】0.3mm0.4mm0.5mm
ピンク
オレンジ
レッドオレンジ
ライトピンク
ブルーブラック
ペールブルー
ライトブルー
ライトグリーン
マゼンタ
コバルトブルー
ブルーグリーン
シャイニーブルー
シャイニーグリーン
シャイニーピンク
サラサセレクト0.5mmだけの色
  1. シャイニーブルー
  2. シャイニーグリーン
  3. シャイニーピンク

黒い紙に書けるインクですね。メタリック系がラインナップに入っています。

黒い紙に書けるペンを比較した記事がありますので興味がある方は読んでみてください。

まとめ

ボディとリフィルを一覧にまとめて比較してみました。

ボディ比較

品名軸色1色用2色用3色用4色用5色用特長
ハイテックC
コレト
16色100円150円200円250円レフィルの
交換が簡単
スタイル
フィット
22色50円150円220円250円種類が豊富
アイプラス18色150円250円色あざやか
イヤホンジャック
サラサ
セレクト
8色150円250円グラスカット加工

スタイルフィットが一番ボディの色が多いですね。さらに3色用だけでも3種類あります。1色用があるのはスタイルフィットだけ。

ハイテックCコレトは2色用がありますね。レフィル交換が簡単なのが魅力です。

アイプラスとサラサセレクトは3色用と5色用のみですが、アイプラスは18色とボディの色が多いのが魅力です。

リフィル比較

ゲルインキ

ゲルインキ価格0.28mm0.3mm0.38mm0.4mm0.5mm
ハイテックCコレト100円15色15色15色
スタイルフィット100円16色16色16色
アイプラス100円15色15色15色
サラサセレクト100円18色18色23色

まずはメインのリフィルであるゲルインキを比較して表にまとめてみました。

サラサセレクトの0.5mmが23色と一番多いです。

スタイルフィットは0.28mmと一番細いリフィルがありますね。

アイプラスは「スリッチーズ」と「エナージェル」とゲルインキが2種類あります。表にした15色あるのは「スリッチーズ」です。

油性インキ

【油性インキ】価格0.5mm0.7mm1.0mm
ハイテックCコレト
スタイルフィット80円3色3色3色
アイプラス90円3色
サラサセレクト

油性インキのリフィルがあるのは、スタイルフィットとアイプラスだけ。

スタイルフィットは0.5mm、0.7mm、1.0mmと3種類のボール径があります。

シャープリフィル

【シャープ】価格0.3mm0.5mm0.7mm
ハイテックCコレト180円
スタイルフィット180円
アイプラス180円
サラサセレクト180円

各社シャープリフィルは展開しているようで、値段も180円+税と同じ。

サラサセレクトは0.7mmまで展開していてシャープリフィルでは一番多いです。

個人的なランキング

本記事で紹介した4種類のカスタマイズペンの中で、個人的におすすめしたいランキングを勝手に選んでみまた。

1位:スタイルフィット

この中では割と差がついて1位でしたね。ボディは、かわいいのからクールなデザインや消しゴム付のものまで幅広いですし、リフィルもオシャレじゃないですか。組み合わせの選択肢が多いことはイイですよね。

2位:アイプラス

2位は迷いましたが、アイプラスです。決めてはボディのデザインとカラーが秀逸でした。リフィルも「エナージェル」が選べるというところも魅力でした。

3位:ハイテックCコレト

2位のアイプラスと迷いました。ハイテックCコレトはすごいんですよね。レフィル交換が簡単、ボディの種類も多い。レフィルは色々なデザインがあったり、タッチペンまであるから面白い。ただ、圧倒的にボディがダサい、かわいくないんですよね…それで3位にしました。

4位:サラサセレクト

この4つの中だとあまり工夫がない感じがして面白くなかったんですよ。好きなサラサインキを選べるのはいいんですけどねえ。ただそれだけという感じがして。サラサマークオンという蛍光ペンを引いてもにじまないサラサがあるんですよ。それをラインナップに入れればいいのに…と思ったり。。

  

本記事では①ハイテックCコレト、②スタイルフィット、③アイプラス、④サラサセレクトの4種類を比較してみましたが、参考になりましたでしょうか?

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

ホルダーとリフィルを自由に組み合わせるカスタマイズペン「スタイルフィット」16色レビュー.. !

自由に選んでつくるペン「ハイテックCコレト」をレビュー.. !

Amazonでお得に買う方法


Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめ!

今なら5,000円以上を「現金」でチャージすると、初回購入で1000円分のポイントがもらえるキャンペーンがあります。

※Amazonのことなので突然キャンペーンが終了することも全然ありえます。

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。