書きやすくなった消せるボールペン「フリクションポイントノック04」をレビュー..!

こんにちは黛です。

本記事では、パイロットコーポレーションさんから2019年9月1日(日)に発売した『フリクションポイントノック04』をレビューしてみました。

  

消せるボールペン「フリクション」は有名だけど、この「ポイントノック04」はどこが違うのか?

通常のフリクションと比較しながらかレビューしていきます。

書きやすくなったフリクション

スムーズな書き出しとなめらかな書き味が特長のペン先「シナジーチップ」を搭載したのがこのフリクションポイントノックです。

「シナジーチップ」は、細書きに適した「パイプチップ」と、一般的なボールペンに使われる「コーンチップ」のそれぞれの特長を活かしたものです。

下の写真は右が「フリクションボール」左がシナジーチップの「フリクションポイントノック」。

良いとこ取りしたペン先が「シナジーチップ」

この「シナジーチップ」は同メーカーの「ジュースアップ」に搭載されたのが最初でした。極細なのにするするとした書き心地で私も大好きなペンの一つです。

ジュースアップのレビュー記事はこちらから。

8色展開

フリクションは23色もありますが、「フリクションポイントノック04」はこちらの8色が展開されています。

  • ブラック
  • ブルーブラック
  • ブルー
  • ライトブルー
  • グリーン
  • オレンジ
  • レッド
  • ピンク
筆記幅は0.4mmで1本250円です。
人気であり定番でもある8色

豊富なカラーバリエーションのフリクションボールスリムも人気です。
詳しくはこちらの記事から。

ボディを比較

ボディデザインは「フリクションボールノック」を元にされていますのでこれと比べてみました。「フリクションポイントノック」は金属の部品を使用して高級感が出ています。

フリクションポイントノックの方が細身でサイズも小さくなっていますね。手帳のペンフォルダーに収納しやすくなっています。
金属パーツのクリップにメタリック調のボディ。
消すためにこするラバーの色がボディの色と一緒になりました。

書き比べ

フリクションポイントノックを使っていて思ったのですが、0.4mmにしてはちょっと太い?と。なので0.5mmと0.38mmで比較してみました。

どうでしょうか。0.4mmだけど太さは0.5mmに近い感じがしました。

インクの出が良いので気持ち線が太くなりがちなのかもしれません。私の好きなジュースアップ04とも比べてみましょう。

同じ「シナジーチップ」を搭載した0.4mmです。インク色はブルーブラック。

まとめ

個人的には0.4mmより太く感じました。ジュースアップと同じシナジーチップを搭載したフリクションポイントノックは、ぬるぬるっとした書き出しがクセになります。

1本250円とちょっとお高めですが、書き味が良い消せるボールペンという価値を考えると250円でもありだと思いました。フリクションポイントノックを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

Amazonでお得に買う方法


Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめ!

今なら5,000円以上を「現金」でチャージすると、初回購入で1000円分のポイントがもらえるキャンペーンがあります。

※Amazonのことなので突然キャンペーンが終了することも全然ありえます。

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。