ノック式蛍光ペン「ハンディラインS」6色レビュー!. .

こんにちは黛です。

本記事では、ぺんてるさんから発売しているノック式蛍光ペン「ハンディラインSをレビューしました。

ポイント
  1. ノック式なので片手で書ける
  2. クリップがしっかりしてポケットに刺しやすい
  3. 交換用カートリッジがある

  

見たい場所へジャンプ

特長

キャップがなくてもペン先が乾燥しないボールシャッター機構。ノック式のいいところは片手で使いやすいころです。

出典画像:ぺんてる

クリップに挟もうとするとペン先が戻るので出しっぱなしを防げます。

  • [太]0.4mm

線幅は0.4mmです。太すぎず細すぎずで丁度いい太さだと思います。

ペン先はかなり固めなので使っていてペン先が潰れてしまうということはなさそう、インクがなくなるまでしっかり使えそうです。

こんな人におすすめ
  • キャップをなくしやすい
  • キャップが外れてバックの中身についてしまったことがある

替芯

経済的なカードリッジ式の替芯です。本体を買い換えなくてもOKです。

手が汚れがちな蛍光ペンのインク補充ですが、カートリッジなら汚れにくいので嬉しい。

芯の交換も簡単です。ノック部分をひねって引っ張るだけでスポっと抜けます。

ちなみにこの替芯は同メーカーのペン先がグニっと曲がる蛍光ペン「フィットライン」にも代替OKです。

6色

バイオレットだけなぜかセット売りに入っていません。

ピンク

オレンジ

イエロー

ライトグリーン

スカイブルー

バイオレット

裏写り

画像の紙は一般的なコピー用紙の裏面です。ほとんど裏面にインクがにじんでいません。

書き始めのときペン先が紙に当たる時間が少し長いので、その部分が若干にじんでいます。

コピー用紙でこれなので、よほど薄い紙のノートでなければにじむことはないと思います。

まとめ

バイオレットはセット売りに入っていません。

蛍光ペンはペン先が乾くのを防ぐためほとんどがキャップ式を採用しておりますが、ハンディラインSは独自の技術でノック式でもペン先が乾かないように工夫されているます。

なので、ノック式蛍光ペンは数が少なく選択肢も限られます。このハンディラインSはいつでもペン先が潤っているのでノック式蛍光ペンを検討している人にはぜひおすすめしたいです。

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

みなさまからのコメントが割と多いブログです。ご感想、ご指摘、ご意見など、書き込んでくださると嬉しいです!お名前、メールアドレス、サイトの記入は不要ですのでお気軽にコメントください。

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。