元祖パステルカラーボールペン「ハイブリッドミルキー」全色レビュー!. .

こんにちは黛です。

本記事では、2019年7月16日にぺんてるさんから販売した『ハイブリッドミルキー』『ハイブリッドデュアルメタリック』の紹介です。

 

実はハイブリッドミルキーは、1996年に発売された業界初のパステルカラーゲルインキペン。黒い紙や写真にも書けるボールペンでめちゃ流行りました。通称“ミルキーペン”です。生産終了になっていたようですが、2019年7月に復活!

ハイブリッドミルキーが発売された当時プリクラが流行っていました。30代~40代の方はミルキーペンと聞くと懐かしいと思う方もいるのではないでしょうか。

 

「ハイブリッドミルキー」の特長

●黒い紙や写真にもくっきり書ける

「ハイブリッドデュアルメタリック」の特徴

●見る角度によって色が変わる

●黒い紙と白い紙で書いたときに見え方が変わる

こちらの14色セットを購入。「ホールマーク社」とコラボした塗るだけでかんたんに完成するカードが8枚入ってました。

デザイン

ハイブリッドミルキーはインク色がボディになっていて軸は不透明。線の太さは0.8mmです。
デュアルメタリックはラメが施されたインク色のボディ、よく見ると透明な軸。線の太さは1.0mmです。

ハイブリッドミルキー全7色

インクの出がよくスルスル書けます。太さも0.8mmなので黒い紙に書いたときくっきりとしています。

1.ホワイト

2.パステルピンク

3.パステルオレンジ

4.パステルイエロー

5.パステルグリーン

6.パステルブルー

7.パステルバイオレット

ハイブリッドデュアルメタリック全7色

2色の「特別な色同士」の組み合わせにすることで、オーロラや蝶など自然界に存在する美しい色合いを再現しているとのこと。

鮮やかな発色の染料と、ラメ顔料を異なる色同士の組み合わせで配合されているので「見る角度によって色が変わる」。

特に「ピンク+メタリックピンク」が違う色のような感じがしました。

1.ブルー+メタリックグリーン

2.ブラック+メタリックレッド

3.バイオレット+メタリックブルー

4.グリーン+メタリックブルー

5.ピンク+メタリックピンク

6.ゴールド

7.シルバー

キラキラするラメ入り蛍光ペンの紹介記事はこちらから。

まとめ&比較

「ハイブリッドデュアルメタリック」は黒い紙と白い紙で書いたときに見え方が変わるということなので比較してみました。

シルバー

ゴールド

ブルー+メタリックグリーン

白い紙ではブルー、黒い紙ではグリーンに見えます。分かりやすく色が違うので驚きです。

ブラック+メタリックレッド

こちらは個人的にはあんまり違いがわかりませんでした。どちらもブラックレッドという印象です。

バイオレット+メタリックブルー

こちらも白い紙と黒い紙で色の見え方が違いますね。

グリーン+メタリックブルー

白い紙では完全にグリーンですね。黒い紙では水色っぽい感じの、「バイオレット+メタリックブルー」の黒い紙と比べると明るい感じに見えます。

ピンク+メタリックピンク

どちらもピンクですが全然見え方が違います。
ポイント

●黒い紙にくっきり書ける
●デュアルメタリックは白い紙と黒い紙で見え方が違うので楽しい

ちょっと気になったのはパステルイエローとパステルグリーンが似ているところ。
個人的にはイエローとグリーンが似ていて区別がつきにくかったです。特にイエローは黒い紙に書くと映えますからもっと黄色が濃いとよかったなと思いました。

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

  

こんな記事もおすすめ

  

Amazonでお得に買う方法


Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめ!

今なら5,000円以上を「現金」でチャージすると、初回購入で1000円分のポイントがもらえるキャンペーンがあります。

※Amazonのことなので突然キャンペーンが終了することも全然ありえます。

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。