「ジェットストリーム エッジ」油性ボールペン世界最細の0.28mmを全色レビュー!. .

こんにちは黛(@penote__)です。

本記事では2019年12月20日(金)に発売した、三菱鉛筆さんの『ジェットストリーム エッジ』をレビューします。

2019年8月時点の三菱鉛筆さん調べによると、0.28mmは油性ボールペンカテゴリで世界最小、超極細のボール径!

  

ジェットストリームと比較

ジェットストリームの0.5mmのペン先を写真で比較してみました。並べてみると全然ペン先の細さが違うのが分かります。

新開発『ポイントチップ』

ペン先にかけてスリムに絞った形状になっているのが『ポイントチップ』。

これのおかげで細かい筆記作業をするときにもペン先が見えやすいようになっています。

小さいボール径の油性ボールペンの開発はかなり難しいのだそうですが、三菱鉛筆さんが実現させてくれました。

インク「黒」を比較

インク「赤」を比較

標準では「黒」を装備しているので、「赤」を使いたい場合は替芯を購入する必要があります。

インク「青」を比較

標準では「黒」を装備しているので、「赤」と同様に「青」を使いたい場合は替芯を購入する必要があります。
カリカリとした書き味で実際書いてみると「うわ細っ」てちょっと驚きました。若干かすれやすいのがマイナスポイント。

替芯の適合商品

出典画像:https://www.mpuni.co.jp/product/ballpoint_pens/refill_oil_based.html

三菱鉛筆さんの公式HPによると、ジェットストリームエッジの芯(SXR-203-28)は、ジェットストリームエッジのみ適合しているようです。

ラインナップ

商品名JETSTREAM EDGE(ジェットストリーム エッジ)
品名SXN-1003-28
インク色
ボール径0.28mm
軸色ブラック、シャンパンゴールド、ネイビー、ホワイトレッド、オレンジ(限定)
本体価格1,000円 +税
替芯SXR-203-28(本体価格200円 +税)
※黒、赤、青の3色展開

ブラック

全身ブラックにワンポイント的にクリップがシルバーで超クール。

シャンパンゴールド

クリップとペン先もシャンパンゴールド。ノック部分とつなぎ目がブラックなのが引き締まる感じでいい。

ネイビー

ネイビーとブラックの装飾が落ち着いた雰囲気を出している。

ホワイトレッド

白に赤のクリップがなんともおしゃれ。たまらない。

オレンジ(限定)

オレンジが発売時の限定カラーになります。

オレンジ黒の2色。グリップ部分がちょっと明るめな色。

デザイン

後端に向かって細くなる形状。ペン先に寄せた重心。

製図用シャーペンのようなかっこいいデザイン。

機能性

先軸は金属製で、グリップ部分には細いライン加工を施し滑りにくい設計となっています。

また、重心をペン先側に寄せたことで、細かい筆記を行う際にも安定する設計となっています。

まとめ

「EDGE(エッジ)」という単語には、「鋭い」「限界」といった意味があり、際立った特徴を持ち、油性ボールペンの限界に挑戦した新商品の特長を示しているとのこと。

まさにエッジが効いてるボールペン。ジェットストリーム愛用者ならぜひ買って頂きたい商品でした。

ちょっとネックなところは1本あたり1,000円するところかな。200円前後で書きやすいボールペンがたくさんあるので、この値段は高めだと思います。

超極細0.28mmとこのデザインに付加価値を感じたら買いでしょう。

どのボディ色を買おうか迷ってましたが、もう5色いったれと思って全色購入しちゃいました。

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

▼合わせて読みたい記事




参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。