消しくずが磁石で集められる「ペン磁ケシ」をレビュー!. .

こんにちは黛です。

本記事では、消しくずが磁石で集められる消しゴムペン磁ケシ」をレビューしました。

見たい場所へジャンプ

特長

特許出願済みの鉄粉入り消しゴム。

ペンキャップにネオジム磁石が内蔵されています。

替え消しゴムは専用のものを使用

鉄粉が入っていないと磁石にくっつかないので、専用の変え消しゴムを使いましょう。

使ってみた

鉄粉入でちゃんと消せるのかな?と思いましたが、全く問題なく消せました。

おもしろいくらいに消しカスが集まります。細かすぎる消しカスはくっつきませんでした。

集めた消しカスを捨てる場合は、U字型のつまみを引けば磁力がOFFになるので、自然と消しカスが落ちます。

  • 集めた消しカスは、本体に長時間つけたままにしておくと取れにくくなる場合があります。
  • 細かい消しカスは静電気などにより残る場合があります。

ラインナップ

品番軸色価格
RE034WHホワイト
(黒ベースの軸色)
500円+税
RE034BLブルー
(黒ベースの軸色)
500円+税
RE034RDレッド
(黒ベースの軸色)
500円+税
RE037WHオールホワイト500円+税
RE037GYグレー500円+税
RE037PKピンク500円+税

「ペン磁ケシ」は6種類のボディカラーがあります。

ボディは黒色で統一、磁石部分の色が異なる3種。ボディ全体で色を統一してシンプルなロゴを入れた3種です。

個人的には圧倒的に「オールホワイト」「グレー」「ピンク」のデザインが好きです。

白ベースにロゴ配置のシンプルなデザイン。

マグネットを模したU型のつまみ。

みなさまからのコメントが割と多いブログです。ご感想、ご指摘、ご意見など、書き込んでくださると嬉しいです!お名前、メールアドレス、サイトの記入は不要ですのでお気軽にコメントください。

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。