“見せる”透明ペンケース「ピープ」をレビュー!. .

こんにちは黛です。

文房具を「見せる」透明ペンケース「ピープ」をレビューしました。

コクヨ株式会社さんから2020年7月8日(水)に発売しています。

  • インナーケース付きの透明ペンケース
  • お気に入り文具をディスプレイしながら収容できる
  • インナーケースには機能重視の”隠したい”文具を収容できる

近年、中高生を中心に、学びのモチベーションを高めるためにSNSを活用し、勉強の様子を写真付きで共有するシーンがよく見られます。その中で、使い勝手だけではなく色や形にもこだわって集めたお気に入りの“スタメン文具”を、おしゃれに見せた投稿も数多くあります。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000082.000048998.html
たしかにインスタで#勉強垢と検索するとインスタ映えする写真がたくさん出てきます。そのニーズに合わせたペンケースなんですね。

カラーバリエーションは3色があります。

  1. シルバーグレ
  2. アイスブルー
  3. ピーチピンク

透明ケース

お気に入り文具は見せて収容

透明ケースは横19cm・高さ12.2cmと大きめサイズです。

大体の文房具を入れることが可能です。

お気に入りのペンを入れたときフロントポケットのマス目模様がいい感じな背景になります。

裏面の「バックポケット」はスモークがかった感じの透明度。

バックポケットには使用頻度が高いけどフロントポケットとはテイストの違う文具を入れるこによって見た目と使いやすさの両立が保てます。

大きく開く

口がガバっと大きく開くから中に入れた文具が見やすい。

閉じ口がマグネット

ここは個人的にお気に入りのポイント。

ジップではなくマグネットタイプなので開けるときパカっと一気に開けますし、閉じるときもパチンっと素早くきれいに閉まります。

大容量

透明ペンケースの容量を検証してみます。黒インクのボールペン20本を入れてみました。

20本のペンが余裕で収納できる大容量ケース。マグネットボタンもラクラク閉めることができました。

インナーケース

小物ポケット

こちらのインナーケースには、機能性重視の「隠したい」文具を収容できます。

さらに小物ポケットが4つも付いているからバラつかなく収納できるようになっています。

インナーケースの内側のメッシュポケットには修正テープ、クリップ、シャーペンの芯など入れれます。

インナーケースの外側ポケットには、ふせんや消しゴムなど入れても○。

インナーケースのメインには、はさみ、のり、暗記ペン、蛍光ペンなどを収容。

インナーケースを取り出すとき全然ひっかからず簡単に出し入れできました。インナーケースはボタン式でバッチリ閉めれました。

このインナーケースだけ抜いてバックなんかに入れて持ち運びしても良さそうです。

まとめ

良かった点
  • お気に入りの文具をおしゃれに見せれる
  • ポケットが多いから中身が散らからない
ポケットが多いインナーケースがあることによって、文具を整然と並べられてペンケースの中身が乱れないのが嬉しい。
気になった点
  • 価格
  • 中身が少し取り出しづらい
価格ですが、1個1,500円+税。個人的にはちょっと高いかな?と買ったとき思いました。

フロントポケットとバックポケットにペンをたくさん入れてしまうと中身が開きにくいと感じました。

やっぱりフロントポケットにはペンを入れてディスプレイしたいので、私はバックポケットには定規だけ入れてます。そうすると、中の文具が取り出しにくいという感じがなくなりました。

透明ペンケースはたくさんありますが、ディスプレイさせるをコンセプトにしたペンケースは無かったので使っていて楽しいです。

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

みなさまからのコメントが割と多いブログです。ご感想、ご指摘、ご意見など、書き込んでくださると嬉しいです!お名前、メールアドレス、サイトの記入は不要ですのでお気軽にコメントください。

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。