「プラマン」ペンと万年筆の良さのペン全9色レビュー!. .

こんにちは黛です。

本記事では、ぺんてる株式会社さんから発売している独特の書き味の水性ペン「プラマン」をレビューしました。

プラマンは1979年(昭和54年)に発売してから40年以上も売れているロングセラー商品です。

この記事では、発売40周年を記念して限定発売から定番化した追加色6色を含めた全9色を紹介します。

見たい場所へジャンプ

特長

「細い棒状のプラスチック」とそれを覆う「やじり型のプラスチック」が二つが合わさったペン先。

ペンの気軽さと万年筆の情感を筆跡に現してくれます。

強弱が簡単に出せるからイラストにも使えそう。

値段は1本150円+税です。

デザイン

キャップが長いことによる金属製のロングクリップがかっこいい。

クリップの先にはインク色を表すカラーインジケーター。

ペン本体の尾にも色を識別できるカラーリング。

海老茶色のボディカラーがレトロな感じを演出している。

こちらは文具女子博限定デザインのプラマン。

全9色

④~⑨の6色がプラマンのラインナップに新たに追加された色です。

バーガンディ

ブルーブラック

オリーブグリーン

ダークグレイ

ターコイズブルー

セピア

まとめ

水性ペンなのでにじみ具合が気になります。

2つのノートで比べてみました。ノートの紙質によってはにじみます。

手帳やコピー用紙だとにじんでしまうと思いました。

デザインがレトロ感があり、書き心地がクセになりそうです。

みなさまからのコメントが割と多いブログです。ご感想、ご指摘、ご意見など、書き込んでくださると嬉しいです!お名前、メールアドレス、サイトの記入は不要ですのでお気軽にコメントください。

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。