固形蛍光マーカー「テキストサーファーゲル」をレビュー!. .

こんにちは黛です。

本記事では、ステッドラーさんから発売している固形ゲルインクの蛍光ペン『テキストサファーゲル』を紹介します。

特長

●なめらかにラインが引ける
●裏写りしにくい
●キャップを外したままでも数日乾くことがない

ステッドラーさんはドイツの文具メーカーです。

ドイツの文具メーカースワンスタビロの蛍光ペン記事はこちらから

  

見たい場所へジャンプ

特長

固形ゲルインク

テキストサーファーゲルの最も印象的な特長です。液体ではなく固形のインク蛍光ペン。

クレヨンのような固形ゲルインク。なめらかに線が引けます。
使っていくと削れていきます。常に一定の幅でラインを引きたいという人には合わないかもしれません。
ペンの後ろをクルクル回すと、スティックのりみたいに固形インクが出てきます。

全5色

  • ピンク
  • オレンジ
  • イエロー
  • グリーン
  • ブルー
蛍光ペンの定番5色。
普通のA4コピー用紙に印刷した文字の上から引いてみました。
液体のインクではないので裏面に全くにじんでないですね。

液体ではないので、書いた文字の上から線を引いてもにじまない。

油性ボールペンとゲルインクボールペンで書いた文字の上に引いてみました。

ピンク

本体価格150円+税
インク色ピンク

オレンジ

本体価格150円+税
インク色オレンジ

イエロー

本体価格150円+税
インク色イエロー

グリーン

本体価格150円+税
インク色グリーン

ブルー

本体価格150円+税
インク色ブルー

まとめ

ボディの色も発色がよくて、いわゆる蛍光ペンって感じのするデザインだと思います。

ポイント

●なめらかにラインが引ける
●裏面へにじみにくい
●キャップを外したままでも数日乾くことがない

手帳や辞書などの薄い紙でも裏面へにじみません。学生さんにも使ってみて頂きたい蛍光ペンだなと思いました。

ペンの後ろをクルクル回すことによってインクが出てくるので、キャップが後ろに付けられません。キャップを失くしやすい人は気をつけてください。ペン先がクレヨンっぽいので使っていくにつれて削れていきます。なので一定の幅で常にラインを引きたい人には向かないと感じます。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。

▼合わせて読みたい記事

ドイツの文具メーカー「スワンスタビロ」の蛍光ペン

Amazonでお得に買う方法


Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめ!

今なら5,000円以上を「現金」でチャージすると、初回購入で1000円分のポイントがもらえるキャンペーンがあります。

※Amazonのことなので突然キャンペーンが終了することも全然ありえます。

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー