暗い場所でも書けるライト付ボールペン「ライトライト」をレビュー!. .

こんにちは黛です。

本記事では、ゼブラさんから2018年10月2日に発売した、暗い場所でも光を照らして書けるペンライトライト」をレビューしました。

商品名は、照明のライト(Light)と、書くという意味の英語(Write)を組み合わせた名前です。

こんなときにおすすめ
  • 地下などの暗い建築現場
  • 介護施設での夜間巡回
  • アウトドア
  • 防災用品

特長

ライトはノックするごとにオンとオフが切り替わる仕組みになっています。つまり、2回に1回ライトが点きます。

明るい場所ではライトを付けずに筆記することができます。

使ってみた

日中でもライトの明るさが分かる明るさ。

LEDライトを搭載しているのでかなり明るい、ちょっとした懐中電灯です。暗闇でバッグの中身を照らすのにも使えそうです。

完全な暗闇でも文字の周りが明るく照らされてとてもハッキリ見えますし、かなり広範囲まで照らせます。

油性インクの0.7mmで色はブラックです。

油性インク0.7mmなので必要なことをしっかり紙に書けます。

電池搭載だから重いかと予想しましたが19gと軽い。サイズも他のボールペンと大差ないです。

ラインナップ

私が購入したボディカラーは「ガンメタリック」ですが、その他に3色ありまして全部で4色のボディカラーがあります。

インク色は黒のみの0.7mm、1本500円+税です。

1本500円+税の価格は安いなという印象でした。

替芯&電池交換

ペン先部分をネジネジして外します。

中芯を持って中身を取り出します。

スプリング(大)と(小)を取り外します。

替芯

中芯を引っ張ると抜けますので、新しい替芯を差し込めばOKです。

替芯は「4C-0.7芯」というもので交換可能です。黒、青、赤、緑の4色、全て0.7mmです。

品番インク色ボール径価格
BR-8A-4C-BK0.7mm80円+税
BR-8A-4C-BL0.7mm80円+税
BR-8A-4C-R0.7mm80円+税
BR-8A-4C-G0.7mm80円+税
ライトライトは黒インクのみの展開なので、他のインク色を使いたい人は替芯を使いましょう。

電池交換

電池ブタを外します。

ゆっくり外したほうが良いです。力を入れすぎると勢いよく飛んで行ってしまうので注意です。

中に入っている電池ケースを取り出します。

結構キツめに入っていたので、机に軽くコンコンと叩いて出しました。穴につまようじのような細い棒を入れて出しても良いと思いました。

つまようじのなどの長細いもので電池を押し出します。

「電池を押し出す際、中芯は使わないでください。」と公式ページにありましたので注意です。

電池4つを全てマイナスが下になるように指で入れます。

電池は「LR626」か「SR626(W・SW)」が対応しているようです。

戻すときの注意

スプリング(大)は巻の細い方をペン先側にします。

まとめ

こんなときにおすすめ
  • 地下などの暗い建築現場
  • 介護施設での夜間巡回
  • アウトドア
  • 防災用品
気になった点
  • クリップが安っぽくて留めるのがちょっと不安
  • 電池交換がめんどくさい

以上、暗闇でも文字が書けるペン「ライトライト」の紹介でした。最後までご覧くださいましてありがとうございました。

安くて人気なボールペン26種類を比較して、おすすめ7つ選んでみた!. .

Amazonでお得に買う方法


Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめ!

今なら5,000円以上を「現金」でチャージすると、初回購入で1000円分のポイントがもらえるキャンペーンがあります。

※Amazonのことなので突然キャンペーンが終了することも全然ありえます。

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。