透明ボディなボールペン「エナージェルインフリー」全色レビュー!. .




パイロットコーポレーションさんから2018年11月19日に発売された「エナージェルインフリー」という製品です。

実は、 2018年2月16日に数量限定で発売しましたが、

あまりの人気っぷりにSNSを中心に再販売の要望多数、

そして定番商品となりました。

  

通常のエナージェルシリーズとは異なり、

エナージェルインフリーでしかない色

「ブルーブラック」、「ターコイズブルー」、「オレンジ」 が追加され、

  

発売当時 「ターコイズブルー」、「オレンジ」 が規格外の人気で

  

秒で完売。

  

都内有数の文房具店に行くも存在すら確認できず、

Amazonでも売り切れという、

  

はぐれメタル以上に捕獲困難な事案が発生(私の中で)、

  

限定色では「ブルーブラック」しかGETできませんでした。

  

そんな人気色「ターコイズブルー」「オレンジ」を含め、

透明ボディ「エナージェルインフリー」の美しさをご紹介します。

クリアボディ

インクを直に感じれる透明軸。

肉厚ボディがガラス効果のようなものを生みだしクリアな印象を演出してくれています。

クリップ部分も透明。

通常のエナージェルと比較。

美しいヒミツ

この美しさを演出しているもう一つのこだわり、それは、リフィルとよばれる芯が「着色」されているとのこと。

通常のエナージェルと比較してみましょう。

下がエナージェルインフリー

インク色

「エナージェル」とはインクの名前です。

インク名をペンのネーミングに採用するほど、ぺんてるさんはこのインクを推しているのでしょう。

ブルーブラック

0.5mmで筆記

万年筆のインクみたいでしゃれてますね。一般的にメモを取るときには黒ですが「ブルーブラック」で書いてみてもよさそうです。

ターコイズブルー

0.5mmで筆記

沖縄の海のように透き通ったブルーです。思考をまとめるときに「ターコイズブルー」で。

オレンジ

0.5mmで筆記

一般的には大事な箇所は赤字で書くイメージですが、オレンジで目立たせてみてはいかがでしょうか。

なめらかに濃く書ける、速く乾く

試行錯誤され開発されたインク「エナージェル」は、なめらかな書き味で、

クリアで鮮明な文字、そして、速く乾く3つの特長を備えています。

上から2番めがエナージェル

全て0.5mmで書きました。

上から2番目がエナージェル

こちらも全て0.5mmで書きました。

コンセプト

「従来の組織に属しながらも何かを変えたいと願っている人が使うペン」

というポジショニングとのことです。

  

「インフリー(infree)」というネーミングは造語で、

(in)には、「既成概念にとらわれない自由という考え方が自分の中に入っている」

という意味が込められているそうです。

  

直感的にペンを手にとり、自由に思考を展開してみてはいかがでしょうか。

それではまた。

▼透明ボディのフリクションはこちらから

参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。